トップページ




HONDA電動バイク EM1 e: 発売開始!!

店頭に展示/無料試乗車入荷しています!


原付一種の電動二輪パーソナルコミューター「EM1 e:」を2023年8月24日発売。

現在ホワイトのみ店頭在庫アリ!

メーカー希望小売320,100円(税込)
カラーは2色!
・デジタルシルバーメタリック・パールサンビームホワイト

 


CT125ハンターカブのシート加工はこちら




2023年2月1日からHONDA純正エンジンオイルの価格が変わりましたので 
エンジンオイル交換の一律料金が変更になりました。

※並行輸入車両は大幅な料金追加又は作業をお断りする事もあります。

※並行輸入車両は大幅な料金追加又は作業をお断りする事もあります。


突然の寒さでも大丈夫!防寒アイテム




オススメ車両情報

HONDA新車スクーター オススメ中古車
TACTベーシック:車体価格¥168,000(税込) レブル250S:車体価格¥520,000(税込)

HONDAコンテンツ


HONDA Riding Gear



HONDA ニュース

グロム

GROM5

原付二種スポーツモデル「グロム」の外観を変更し発売

 Hondaは、個性的なスタイリングと軽快な走りが魅力の原付二種(第二種原動機付自転車)スポーツモデル「グロム」の外観を、よりスポーティーなスタイリングに変更し、3月14日(木)に発売します。

●ヘッドライトカバーおよび、シュラウド、サイドカバーを、よりスポーティーなデザインに変更
●カラーリングは、「パールホライゾンホワイト」と「マットガンパウダーブラックメタリック」の2色を採用
●日常での利便性やツーリング時の快適性を高める純正アクセサリー(別売り)を設定

 今回、グロムのヘッドライトカバーおよび、シュラウド、サイドカバーのデザインをシャープな形状に変更し、個性的で“遊び心”あふれるスタイリングを継承しつつ、よりスポーティーな印象としています。
 メーターには、従来同様デジタル表示の速度計や燃料計のほか、ギアポジションインジケーターやREVインジケーターを採用。フロントブレーキには制動時の安心感に寄与するABSを装備しています。
 また、日常の利便性を高めるアイテムから、よりスポーティーな印象を強めるアイテムまで、使い方の幅を広げ個性を主張する純正アクセサリーとして、ナックルバイザー、メーターバイザー、アンダーカウル、リアキャリア、サドルバッグ、シートバッグ、USBソケット(Type-C)を設定しています。
 カラーリングは、爽やかな「パールホライゾンホワイト」と精悍な「マットガンパウダーブラックメタリック」の全2色としています。


詳しくはこちらから

スーパーカブC125

C125-1

原付二種コミューター「スーパーカブ C125」のカラーバリエーションを変更し発売

 Hondaは、原付二種(第二種原動機付自転車)コミューター「スーパーカブ C125」のカラーバリエーションを変更し、3月28日(木)に発売します。

●「パールボスポラスブルー」のカラーリングを新たに設定

 今回、スーパーカブ C125のカラーリングに、都会的な印象の「パールボスポラスブルー」を新たに設定。継続色の「パールネビュラレッド」はブラウンを基調としたシート表皮に変更し、同じく継続色の「マットアクシスグレーメタリック」を合わせ、全3色のカラーバリエーションとしています。

 スーパーカブ C125は、スーパーカブシリーズ初代モデルの「スーパーカブ C100」を彷彿させるスタイリングに、扱いやすい空冷・4ストローク・OHC・123cm3単気筒エンジンを搭載。アルミキャストホイールやLEDを採用した灯火器類、エンジン始動時などに便利な「Honda SMART Key システム」を標準装備し、上質感のある外観と快適性に寄与する装備で幅広い層のお客様に好評を得ています。




詳しくはこちらから

モンキー125

1692585215209

「モンキー125」のカラーリングを変更し発売

 Hondaは、原付二種(第二種原動機付自転車)のレジャーバイク「モンキー125」のカラーリングを変更し、9月21日(木)に発売します。

・全3色のカラーバリエーションを設定
・主体色となるカラーリングは、フレームとスイングアームを中心に配色
・シート座面にチェック柄を採用

 今回、モンキー125に設定したカラーバリエーションは、若々しい印象の「バナナイエロー」、情熱的な印象の「パールネビュラレッド」、落ち着いた印象の「パールシャイニングブラック」の全3色としています。それぞれの主体色となるカラーリングは、フレームとスイングアームを中心に配色。リアサスペンションスプリング、フロントフォークアウターも主体色と色調を合わせ、車体全体としての一体感を持たせています。また、燃料タンク側面にはタンク形状を強調する台形のグラフィックを採用したほか、シート座面にはチェック柄を採用するなど、歴代モンキーを彷彿させるデザインを施しています。

 モンキー125は、初代モデル「モンキーZ50M」より引き継がれている台形フォルムのスタイリングを踏襲しつつ、剛性感のある倒立フロントフォークやクッション性に優れたシートを採用するなど快適な乗り心地の車体に、力強い出力特性の空冷・4ストローク・OHC・123cm3単気筒エンジンを搭載。幅広い層のお客様に好評を得ているモデルです。



詳しくはこちらから

» 続きを読む